アナキズム年表
暫定版
本年表は20年ほども前にカレンダー制作のために作成したものです。
今後この年表を軸に各方面のかたがたとの協力で最新版化したいと思います。
PHPテスト PHP Version : 5.2.17

年月日 記事 チェック
■1868年(明1)3月21日 権藤成卿生まれる。 id=1
■1871年(明4)9月23日 幸徳秋水生まれる。注 日付は旧暦による id=2
■1882年(明15)4月18日 樽井藤吉ら70~80名が東洋社会党結成(7月7日禁止)。 id=3
■1882年(明15)4月18日 樽井藤吉ら東洋社会党結成。 id=4
■1882年(明15)12月7日 自由党急進分子の植木、奥宮ら、失業車夫を糾合、車会党結成。自由党急進分子の植木枝盛、奥宮健之ら失業車夫を糾合し、車会党結成。労働者を組織した第1号。 id=5
■1888年(明21)4月3日 長野朗生まれる id=6
■1892年(明25)11月19日 自由党左派、中江兆民門下生、石川三四郎らで「社会問題研究会」。 id=7
■1897年(明30)4月3日 樽井藤吉ら社会問題研究会設立、後の労働運動の基盤を醸成。樽井藤吉ら社会問題研究会設立、のちに労働組合期成会、東京鉄工組合、活版工同志懇話会、日鉄矯正会、協同親和会などを醸成する。 id=8
■1898年(明31)3月20日 深川区と本所区の活版工 100余名、活版工同志懇話会結成。 id=9
■1898年(明31)10月18日 幸徳秋水、木下尚江、片山潜ら「社会主義研究会」結成 id=10
■1898年(明31)11月3日 活版工組合結成 id=11
■1900年(明33)1月28日 社会主義研究会「社会主義協会」と名を改める id=12
■1901年(明34)5月18日 幸徳らの社会主義協会、「社会民主党」を結成 id=13
■1903年(明36)5月10日 鈴木靖之生まれる id=14
■1903年(明36)11月15日 幸徳、堺ら「平民社」結成、週間「平民新聞」発行 id=15
■1903年(明36)11月15日 幸徳秋水、石川三四郎ら「平民社」結成 id=16
■1905年(明38)1月29日 平民新聞廃刊(第1次) id=17
■1905年(明38)5月1日 平民社、日本のメーデー集会第1号「メーデー茶話会」を開く id=18
■1905年(明38)10月9日 平民社解散 id=19
■1905年(明38)10月28日 幸徳渡米 id=20
■1905年(明38)11月25日 大杉栄「光」に「新兵諸君に訴う」訳載、徴兵忌避を呼びかける。 id=21
■1905年(明38)12月1日 幸徳秋水がシアトルの日本人会館で講演、日本人聴衆500人。 id=22
■1906年(明39)0月0日 大杉「日本エスペラント協会」設立 id=23
■1906年(明39)6月12日 大杉栄が日本エスペラント協会設立 id=24
■1906年(明39)6月12日 日本エスペラント協会創立総会 id=25
■1906年(明39)6月23日 幸徳、アメリカより帰国し「世界革命運動の潮流」を講演。サンジカリズムによる直接行動を主張。 id=26
■1906年(明39)6月23日 幸徳が錦輝館で「世界革命運動の潮流」演説。アナキズムを鮮明化 id=27
■1906年(明39)7月12日 大杉、日本エスペラント協会第2回会合でE運動に初めて加わる。 id=28
■1907年(明40)1月15日 幸徳ら平民社を再建、日刊「平民新聞」を発行 id=29
■1907年(明40)2月4日 足尾銅山で鉱夫による暴動起こる。 id=30
■1907年(明40)2月4日 足尾銅山大暴動 id=31
■1907年(明40)2月17日 日本社会党第2回大会、日本の社会運動史上初の革命論争/アナ・ボル論争第1号において直接行動派が主導権をにぎる。 id=32
■1907年(明40)2月17日 日本社会党第2回大会。議会政策派と直接行動派が争う。アナボル id=33
■1907年(明40)2月17日 日本社会党第2回大会で、直接行動派と議会派が衝突。 id=34
■1907年(明40)6月1日 「大阪平民新聞」発行。森近運平、宮武外骨ら。 id=35
■1907年(明40)8月1日 「平民大学夏期講習会」幸徳、堺、山川、田添らで10日間開く。ほかに、片山、西川。 id=36
■1907年(明40)9月6日 幸徳、堺、山川ら本郷の平民書房で「金曜講演会」を開く。これが機となり、張継、劉光漢ら中国人留学生の「社会主義研究会」が生まれる。 id=37
■1907年(明40)11月3日 「日本皇帝睦仁君に与ふ」在米・社会革命党。 id=38
■1907年(明40)11月3日 アメリカの岩佐ら福音会「睦仁に与うるの書」を発する。 id=39
■1908年(明41)6月22日 赤旗事件、大杉、荒畑ら検束。 id=40
■1908年(明41)6月22日 赤旗事件  id=41
■1909年(明42)1月30日 「パンの略取」発行 平民社(幸徳他)。 id=42
■1910年(明43)5月25日 大逆事件、宮下太吉ら検挙される。 id=43
■1910年(明43)5月25日 大逆事件の検挙始まる。 id=44
■1910年(明43)9月12日 日韓併合時の弾圧で権藤成卿・李容九らの間島コミューン計画挫折。日韓併合に伴う弾圧で権藤成卿・李容九らの間島自治コミューン計画挫折。李容九は翌年衰弱死。 id=46
■1911年(明44)1月18日 大逆事件判決下る。 id=47
■1911年(明44)1月24日 ~25 大逆事件で幸徳ら処刑。 id=48
■1911年(明44)1月24日 幸徳ら処刑さる。 id=49
■1911年(明44)1月25日 菅野すが処刑さる。 id=50
■1912年(大1)5月1日 赤羽〓〓ハンスト死(1875~)、秘密出版で入獄 id=51
■1912年(大1)10月1日 大杉、荒畑ら「近代思想」発行。 id=52
■1912年(大1)10月1日 「近代思想」創刊(大杉、荒畑)。 id=53
■1913年(大2)3月1日 石川三四郎、日本脱出しフランスへ渡る。 id=54
■1914年(大3)10月5日 大杉、労働者を対象に「平民新聞」発行。 id=55
■1914年(大3)10月15日 「平民新聞」創刊(大杉、荒畑) id=56
■1916年(大5)10月31日 信友会結成    id=57
■1916年(体5)11月9日 大杉、葉山日陰茶屋で野枝との三角関係から、神近市子に刺される。 id=58
■1917年(大6)4月15日 欧文植字工組合信友会結成 id=59
■1918年(大7)5月17日 渡辺政太郎死去(1873~)。北風会 id=60
■1918年(大7)5月17日 渡辺政太郎没 id=61
■1918年(大7)7月23日 富山県の漁師の女たちにより、米騒動起こる。 id=62
■1919年(大8)6月13日 新聞社製版工により「革進会」結成される。 id=63
■1919年(大8)10月6日 大杉ら労働運動社をおこし、第1次月刊「労働運動」発行 id=64
■1919年(大8)12月9日 「新聞印刷工組合正進会」結成 id=65
■1920年(大9)1月19日 正進会結成 id=66
■1920年(大9)3月15日 水沼辰夫、服部浜次らの呼掛けで「メーデー協議会」。水沼辰夫、服部浜次ら、幸徳の「基督抹殺論」の印税を運動費とし各労働団体に呼掛け、「メーデー協議会」をもつ。 id=67
■1920年(大9)5月2日 第1回(?)メーデー 上野公園 id=68
■1920年(大9)5月2日 日本最初のメーデー大会開かれる。参加者10 id=69
■1920年(大9)5月16日 メーデーの成功に励まされ、労働組合同盟会創立さる。 id=70
■1920年(大9)10月0日 大杉、コミンテルン社会主義者大会に出席、ロシア革命の実態見る。「革命はどんなふうにやってはいけないか」を再確認。 id=71
■1920年(大9)10月4日 向井孝生まれる。 id=72
■1920年(大9)12月9日 日本社会主義同盟結成 id=73
■1920年(大9)12月9日 日本社会主義同盟設立、社会主義と労働運動の直結をはかる。 id=74
■1921年(大10)1月29日 大杉ら第2次「労働運動」発行 id=75
■1921年(大10)1月29日 「労働運動」(第2次)創刊。アナボル共同 id=76
■1921年(大10)5月1日 第2回メーデーで友愛会側と信友会・正進会側の組合員が激突・乱闘。デモに堺真柄らの赤瀾会も加わる。近藤憲二、弾圧に憤慨し黒旗をもって警官隊に突っ込む。 id=77
■1921年(大10)6月4日 友愛会、労働組合同盟会を脱退。信友会、正進会が中心勢力となる。友愛会、労働組合同盟会を脱退。信友会、正進会らの自由連合主義が同盟会の決定的勢力となる。 id=78
■1921年(大10)7月7日 東京鉄工組合、友愛会を脱退。これを機にアナ系組合次々と脱退。 id=79
■1921年(大10)12月26日 大杉ら第3次「労働運動」。バクーニンやクロポトキンの思想宣伝。 id=80
■1921年(大10)12月26日 「労働運動」(第3次)創刊。アナのみ。 id=81
■1922年(大11)1月21日 久板卯之助没 id=82
■1922年(大11)2月5日 八幡製鉄所争議/職工2周年記念大演説会で、大杉、岩佐他の大演説。 id=83
■1922年(大11)4月29日 自由連合派と反総同盟派5 id=84
■1922年(大11)9月30日 「全国労働組合総連合結成大会」開かれる。 id=85
■1922年(大11)9月30日 日本労働組合連合創立大会でアナボル訣別。 id=86
■1923年(大12)2月21日 李康夏ほか10余名京城で「黒労会」を結成 id=87
■1923年(大12)2月25日 「組合運動」創刊(水沼、延島他) id=88
■1923年(大12)5月1日 大杉、パリ(サン・ドニ)のメーデーで演説、逮捕。 id=89
■1923年(大12)6月26日 高尾平兵衛射殺 id=90
■1923年(大12)9月16日 大杉、野枝、橘宗一、大手町の憲兵司令部で甘粕大尉に虐殺される。 id=91
■1923年(大12)9月16日 大杉、野枝、橘少年絞殺。 id=92
■1923年(大12)10月4日 ギロチン社の田中勇之進、甘粕大尉の弟を襲うが失敗 id=93
■1923年(大12)10月16日 ギロチン社の小坂事件。強盗。 id=94
■1923年(大12)12月16日 大杉らの告別式、谷中斎場で行われる。約7 id=95
■1923年(大12)12月26日 第4次「労働運動」発行。近藤憲二、水沼辰夫、山鹿泰治、岩佐ら。近藤憲二、水沼辰夫、山鹿泰治、岩佐作太郎、和田栄太郎、和田久太郎、村木源次郎、延島英一。 id=96
■1923年(大12)12月27日 難波大助がヒロヒト狙撃 id=97
■1924年(大13)1月20日 後藤謙太郎死去(1895~)、アル中の放浪詩人、獄中自殺。 id=98
■1924年(大13)3月25日 斎藤光太郎死去(?~ 享年30歳)。人夫で体中に刀傷があるため「疵光」のアダ名。警官と何度も大乱闘。警察から精神病院に送られ、そこで死んだ。 id=99
■1924年(大13)4月20日 「全国印刷工連合会」結成 id=100
■1924年(大13)5月31日 岡山市で「中国労働組合連合会」結成 id=101
■1924年(大13)9月1日 和田久太郎が福田雅太郎狙撃、逮捕。 id=102
■1924年(大13)11月9日 「関西労働組合自由連合会」結成 id=103
■1925年(大14)1月20日 後藤謙太郎自殺(獄中)。反軍宣伝。 id=104
■1925年(大14)1月24日 村木源次郎没 id=105
■1925年(大14)5月24日 日本労働組合評議会(日共系)結成大会会場へ自連派が殴り込み。日本労働組合評議会(日本共産党系)結成大会会場(芝協調会館)へ自連派が殴り込み、大乱闘。 id=106
■1925年(大14)10月15日 古田大次郎処刑 id=107
■1926年(昭1)1月30日 黒色青年連盟の銀座事件 id=108
■1926年(大15)1月31日 関東地方のアナキスト団体17と労働組合有志「黒色青年連盟」結成 id=109
■1926年(昭1)3月25日 朴烈、金子文子に死刑判決(→無期) id=110
■1926年(大15)4月1日 「関東労働組合自由連合会」設立 id=111
■1926年(大15)4月10日 「自治農民」(農民自治会)創刊。中西伊之助、石川三四郎、渋谷定輔、加藤一夫、江渡狄嶺、下中弥三郎ほか。 id=112
■1926年(昭1)4月15日 中浜鉄処刑 id=113
■1926年(昭1)5月24日 全国労働組合自由連合会結成 id=114
■1926年(大15)5月24日 「全国労働組合自由連合会(全国自連)」結成大会開かれる。 id=115
■1926年(昭1)6月0日 名古屋・岐阜の同志「中部黒色青年連盟」結成。この後、北海道、東北、中国、台湾、朝鮮など各地に黒連が結成される。 id=116
■1926年(大15)7月23日 金子文子死去(自死、1904~) 栃木刑務所にて。 id=117
■1927年(昭2)2月15日 「自治民範」刊行(権藤成卿著)平凡社 id=118
■1927年(昭2)3月0日 アナ系の「農民自治会全国連合」結成。1道2府10県に6 id=119
■1927年(昭2)7月0日 水平社中のアナキスト「全国水平社解放連盟」を結成。 id=120
■1927年(昭2)8月21日 サッコ、バンゼッチ救援演説会開く。(築地小劇場)。司会:自然児連盟。 id=121
■1927年(昭2)11月19日 全国自連第2回大会。大阪合成労働組合の除名問題でもめ流会。~11/20。 id=122
■1928年(昭3)2月20日 和田久太郎、獄中で自殺。 id=123
■1928年(昭3)3月17日 ~3/18 全国自連がアナキズム派とサンジカルズム派とに分裂。第2回続行大会。 id=124
■1928年(昭3)3月17日 ~3/18 全国自連第2回大会、綱領改訂をめぐって分裂。 id=125
■1929年(昭4)2月20日 「無政府思想」創刊(星野準二、牟田征紀)。 id=126
■1929年(昭4)11月1日 石川三四郎が「ディナミック」創刊。 id=127
■1930年(昭5)5月19日 生田春月、瀬戸内海に投身自殺(1892~) id=128
■1930年(昭5)9月20日 ~11/21 東洋モスリン亀戸工場大争議、自協、無産婦人同盟も加わり闘争。自協、無産婦人同盟も加わり、警官隊や右翼団体に対抗して市街戦さながらの闘いを繰り広げる。 id=129
■1931年(昭6)2月20日 農村青年社結成の会合(但し、当局側の指定)。 id=130
■1932年(昭7)5月20日 「日本無政府主義運動史」(鈴木靖之著)第一編刊行 黒色戦線社。 id=131
■1932年(昭7)6月15日 「日本無政府主義運動史」(鈴木靖之著)刊行 第二編 黒色戦線社。 id=132
■1932年(昭7)9月10日 日本自協系理論誌「黒旗の下に」創刊。石川三四郎、塩長五郎、白井新兵、森辰之介ほか執筆。 id=133
■1932年(昭7)9月27日 農村青年社解散声明。 id=134
■1933年(昭8)5月20日 分裂メーデーを機に反日労会議の各組合が「関東労働組合会議」。東京の分裂メーデーを機に大右翼の日労会議に反対してきた各組合が「関東労働組合会議」を結成。 id=135
■1933年(昭8)6月10日 関東労働組合会議「反ナチス・ファッショ粉砕同盟」結成。日本自協、黒旗社、解放文化連盟も加わる。松竹少女歌劇団争議など多くの争議を助ける。 id=136
■1933年(昭8)6月10日 反ナチス・ファッショ粉砕同盟結成。アナ派、サンジカ派統一行動。 id=137
■1934年(昭9)1月0日 自連、自協が合同。 id=138
■1934年(昭9)1月0日 無政府共産党結成 id=139
■1934年(昭9)1月30日 日本無政府共産党結成(~主義者連盟より改称)。相沢、植村他。 id=140
■1934年(昭9)1月30日 八太舟三死去、48歳(1886~)。社会生理学。 id=141
■1934年(昭9)3月18日 自連・自協の合同大会。 id=142
■1935年(昭10)0月0日 農村青年社、1道3府11県に亙、350名検挙される。 id=143
■1935年(昭10)5月1日 第16回メーデー、戦前最後のメーデー、自由連合派約300名。 id=144
■1935年(昭10)11月10日 無政府共産党事件 id=145
■1935年(昭10)11月27日 アナキスト一斉検挙 id=146
■1937年(昭12)2月9日 岩佐作太郎「国家論大綱」出版(亜細亜政策研究所刊)。 id=147
■1937年(昭12)7月9日 権藤成卿没 id=148
■1938年(昭13)11月19日 萩原恭次郎死去(1899.5.23~) id=149
■1945年(昭20)10月8日 岡田光春死去(1905~)。全国水平社執行委員。 id=150
■1945年(昭20)10月23日 第1次読売争議。戦後初めての民主化闘争、生産管理方式を打出す。中心メンバーはかつての正進会メンバー布留川桂、布留川信、綿引邦農夫ら。 id=151
■1946年()3月10日 中国文化第一号発刊(原子爆弾特集号)栗原唯一 id=152
■1946年()5月5日 解放青年同盟結成 id=153
■1946年(昭21)5月5日 解放青年同盟 結成。都下の青年連盟員によって結成。 id=154
■1946年(昭21)5月5日 解放青年同盟結成 id=155
■1946年(昭21)5月12日 日本アナキスト連盟結成 岩佐。 id=156
■1946年(昭21)5月12日 日本アナキスト連盟結成大会 於 日本赤十字社講堂 id=157
■1946年(昭21)5月12日 日本アナキスト連盟結成大会ひらかる。 id=158
■1946年()5月12日 日本アナキスト連盟結成(東京日赤講堂にて大会。岩佐作太郎・委員長に選出) id=159
■1946年()5月13日 アナ連同志懇談会開催される。盛岡(自由人連盟)・山形・埼玉・新潟・長野(自由塾)・名古屋・大阪・神戸・和歌山・広島・四国・別府・福岡・東京等に地域団体・関連団体。 id=160
■1946年()6月0日 第二次読売争議に綿引、布留川(信、桂)らも争議団に参加 id=161
■1946年(昭21)6月12日 ~10/16 第2次読売争議、レッドパージに対してストライキをもって闘う。 id=162
■1946年(昭21)6月12日 読売争議 id=163
■1946年()6月15日 週刊平民新聞一号発行。日本アナキスト連盟機関紙。 id=164
■1946年(昭21)6月15日 戦後版「平民新聞」第1号発行。日本アナキスト連盟機関誌。編集発行 近藤憲二。 id=165
■1946年(昭21)7月2日 西日本アナキスト協議会。愛知、京都、大阪、岡山、広島、九州より代表約30名。 id=166
■1946年(昭21)7月7日 凡人会うまる。小尾菊雄、小川正夫ら  id=167
■1946年()7月7日 凡人会(名古屋地区研究会発足)小川正夫・伊串英治ら参加 id=168
■1946年()7月21日 西日本アナキスト協議会、広島県三原市で開催さる id=169
■1946年()7月28日 解放青年同盟臨時大会(東京) id=170
■1946年()8月2日 山梨夏期大学に石川、大門、遠藤、新居、張ら講師として招へいされる id=171
■1946年()8月3日 「詩の座談会」解放青年同盟主催で開かれる id=172
■1946年()8月10日 討論会「青春のありかたについて」解放青年同盟・青年共産同盟共催 id=173
■1946年(昭21)8月19日 全日本産別会議結成 id=174
■1946年()8月22日 山本忠平(田勘助)追悼会、ブラック社主催。 id=175
■1946年(昭21)8月22日 山本忠平追悼会。千葉 ブラック社主催。 id=176
■1946年(昭21)9月16日 大杉記念講演会。東京。近藤、植村、白井、綿引、岡本、松尾、岩佐、石川 id=177
■1946年()9月16日 大杉栄記念講演会、アナ連主催 id=178
■1946年()9月22日 国際自由連合結成大会(広島県・三原市)中華民国・朝鮮より代表参加 id=179
■1946年(昭21)9月29日 国際自由連合会結成。アナキスト連盟、中華民国連合会、朝鮮建国促進青年同盟による。 id=180
■1946年()10月6日 解放青年同盟関西支部結成さる id=181
■1946年(昭21)10月6日 解放青年同盟関西地方支部結成。神戸。 id=182
■1946年()10月6日 日本自治同盟結成される id=183
■1946年()10月7日 解放青年同盟兵庫支部、逸見吉三を講師に招いて講座を開催 id=184
■1946年(昭21)10月20日 日本自治同盟結成。東京。 id=185
■1946年(昭21)10月22日 青年自由連合会結成大会。中国、朝鮮、日本三国の青年アナキスト連合。アナ連主催 広島 三原。 id=186
■1946年()10月26日 佐賀自由人連盟発足 id=187
■1946年(昭21)10月26日 佐賀無政府共産主義者連盟結成。井原末九郎ほか16名。 id=188
■1946年()10月30日 石川三四郎長野県下を講演旅行。上田、滋野、御牧原、日南大井村。沢、南沢ら準備 id=189
■1946年()11月16日 岩佐、近藤憲二、山鹿泰治、青山大学ら九州各地を遊説。佐賀、福岡、鹿児島。副島、井原、杉藤、武ら準備 id=190
■1946年()11月23日 解放青年同盟兵庫支部講座。講師小笠原秀実 id=191
■1946年()12月8日 解放青年同盟全国大会準備委員会開催 id=192
■1946年(昭21)12月8日 解放青年同盟全国大会準備会。東京。 id=193
■1946年()12月15日 解放青年同盟兵庫支部講座。講師市川白玄 id=194
■1946年()12月30日 解放ニュース大会特集号。解放青年同盟。 id=195
■1946年()12月30日 岐阜で研究会。講師市川白玄 id=196
■1947年(昭22)1月0日 連盟佐賀支部開設。 id=197
■1947年()1月5日 アナ連全九州協議会開催。佐賀市。自治問題公開研究会。 id=198
■1947年()1月6日 上月岩太郎死去。 id=199
■1947年()1月7日 福岡で無政府主義演説会開催。 id=200
■1947年()1月10日 鹿児島地区座談会開催。 id=201
■1947年(昭22)1月15日 自由社会新聞創刊。在日朝鮮同志による。 id=202
■1947年()1月19日 自然人連盟(福岡)発足 id=203
■1947年(昭22)1月19日 自由人連盟うまる。福岡。 id=204
■1947年()1月24日 幸徳秋水追悼講演会(東京・教育会館)アナ連主催。 id=205
■1947年(昭22)1月24日 幸徳秋水追悼講演会。東京。一橋教育会館 id=206
■1947年()1月25日 地方自治研究講演会(佐賀県・浜町)佐賀自由人連盟主催。 id=207
■1947年(昭22)2月5日 新秩序建設3か年計画。関西のアナキストグループによる提案。 id=208
■1947年()2月8日 同志懇談会、大阪で開かれる。 id=209
■1947年()2月13日 研究社労組ストライキ突入。委員長・水沼辰雄 id=210
■1947年()2月13日 自由社会新聞第一号刊行(留日朝鮮同胞のために、他) id=211
■1947年()2月15日 クロポトキン記念無政府主義講演会(東京・文化学院)アナ連主催。 id=212
■1947年(昭22)2月15日 クロポトキン記念無政府思想講演会。東京神田。 id=213
■1947年()2月16日 佐賀アナキスト連盟結成。佐賀自由人連盟発展的解消(外郭団体として生活互助会結成) id=214
■1947年(昭22)2月16日 佐賀アナキスト連盟結成。佐賀自由人連盟から発展的解消。 id=215
■1947年()2月27日 福岡市生活獲得同盟結成。代表・副島辰巳。 id=216
■1947年()3月0日 劇団「近代座」ししどまことらが結成する。 id=217
■1947年()3月0日 秋水会発足。坂本清馬、岡林寅松らが参加。 id=218
■1947年(昭22)3月10日 秋水会発足。坂本清馬ら遺族による。 id=219
■1947年(昭22)4月0日 広島平民新聞創刊。 id=220
■1947年()4月0日 米子・長崎に連盟支部結成。 id=221
■1947年()4月5日 久保譲帰国歓迎会開催される。 id=222
■1947年(昭22)5月2日 無政府主義講演会。鹿児島。100名。 id=223
■1947年()5月2日 無政府主義講演会(鹿児島)200名参集。主催・九州地協 id=224
■1947年(昭22)5月3日 無政府主議思想講座。解放青年同盟。 id=225
■1947年()5月3日 無政府主義思想講座(東京・教育会館)解放青年同盟主催。 id=226
■1947年()5月8日 クロポトキン研究会始まる。 id=227
■1947年()5月10日 アナ連第二会大会始まる。(東京・日赤講堂) id=228
■1947年(昭22)5月10日 日本アナキスト連盟第2回全国大会 id=229
■1947年(昭22)5月11日 日本アナキスト連盟第2回全国大会「宣言」 id=230
■1947年(昭22)5月13日 連盟大会のための各地方会議 id=231
■1947年()5月24日 講演会(東京大学)講演・植村。主催、東大無政府研、無政府主義学生東京都連絡会議。 id=232
■1947年(昭22)5月24日 東大講演会。東大無政府主義研究会 無政府主義学生東京都連絡会議 主催。200余名。 id=233
■1947年()5月25日 解放青年同盟解散する。 id=234
■1947年(昭22)5月25日 解放青年同盟解散 id=235
■1947年()5月27日 講演会(千葉・香取郡)植村、小川、遠藤ら講演。主催・農業会南部部会。 id=236
■1947年()5月28日 講演会(別府・要法寺)岩佐、副島ら講演。主催・九州地協。 id=237
■1947年()5月30日 公開座談会(土佐中村町役場)岩佐、副島ら参加。 id=238
■1947年()5月31日 研究会(逗子)植村が参加。地協の主催。 id=239
■1947年()6月1日 演説会(土佐・蕨岡村)岩佐、副島ら演説。 id=240
■1947年(昭22)6月3日 ”ボ-ルドウイン氏を囲んで” id=241
■1947年()6月13日 研究会(横浜)岩佐が参加。地協の主催。 id=242
■1947年()6月17日 菊地清吉死去。 id=243
■1947年()6月28日 無政府主義研究会(熊本・第七高等学校)、武が講演。主催・同校社研。 id=244
■1947年()7月3日 国際自由連合懇談会開催(三原市) id=245
■1947年()7月5日 九州地方協議会開催。(福岡) id=246
■1947年(昭22)7月15日 戦争放棄意欲化運動。佐賀、福岡連盟共同。 id=247
■1947年()8月9日 東海地方連盟結成準備を始める。 id=248
■1947年(昭22)8月15日 8.15記念講演会。連盟主催。 id=249
■1947年()8月15日 八・一五記念演説会(福岡)青年黒旗同盟、福岡、佐賀両連盟支部共催。 id=250
■1947年()8月15日 八・一五記念講演会(東京・文化学院)アナ連主催。 id=251
■1947年()9月10日 若杉サト死去。(若杉浪雄の母。 id=252
■1947年()10月0日 福岡無政府主義研究会結成される。 id=253
■1947年()10月12日 アナ連東京地協結成される。 id=254
■1947年()10月18日 アナ連全国委員会始まる。 id=255
■1947年()10月24日 岩佐作太郎、九州・中国地方宣伝の旅。福岡、佐賀、鹿島、浜町、姫路。 id=256
■1947年()10月30日 浜松孝太郎死去。 id=257
■1947年()11月1日 自由新聞一号刊行(アナキズム入門・向井孝) id=258
■1947年()11月30日 愛知大社研主催講演会、小川、伊串らが講演。 id=259
■1947年()12月6日 鹿児島にて学生社研講演会、小笠原秀実講演。 id=260
■1947年()12月14日 アナ連中国地協、西日本連絡協議会結成される。同日昼より連盟主催演説会開催。(岡山) id=261
■1947年()12月21日 佐賀研鹿島町、同浜町で演説会。岩佐らが演説する。 id=262
■1947年()12月30日 岐阜で青年研究会。市川白玄が参加。 id=263
■1948年()1月3日 鹿児島で無政府主義講習会が開かれる。岩佐が参加。 id=264
■1948年()1月5日 西日本協議会開かれる。(佐賀市) id=265
■1948年()1月8日 石川三四郎、宋世何、甲信地方を講演旅行。小県、平原、塩尻、小諸、三岡、滋野、御牧村、山梨県松里、塩山等で講演、座談する。 id=266
■1948年()1月10日 岩佐作太郎東北地方へ旅行。各地の連絡に当たる。 id=267
■1948年()1月19日 岐阜で研究会。 id=268
■1948年()2月10日 無政府主義会議一号刊行(民主主義革命途上に於ける我等の任務・植村)発行、日本アナキスト連盟。 id=269
■1948年()2月11日 愛知で研究会。 id=270
■1948年()2月15日 平民新聞宇都宮支局開設される。 id=271
■1948年()2月22日 平民新聞小野田支局長、光田嗣朗死去。 id=272
■1948年()4月16日 三多摩自由人連盟結成される id=273
■1948年()4月18日 アナ連西日本協議会、大阪で開催される。 id=274
■1948年()4月26日 青年部主催、プルードン研究会始る。(東京) id=275
■1948年()4月5日 アナ連西部協議会開かれる。(福岡) id=276
■1948年()5月15日 ~16 アナ連第3回大会、東京芝・中央労働会館で開催される。 id=277
■1948年()5月29日 ~31 東北地協大会、仙台で開かれる。 id=278
■1948年()6月9日 三原で中国地協大会開かれる。 id=279
■1948年()6月10日 長崎・五島に五島自由人同盟結成される。同日反戦演説会を主催。 id=280
■1948年()6月12日 京都で学生懇談会開かれる。 id=281
■1948年()6月13日 東京地方協議会・労働者協議会開催される。 id=282
■1948年()6月27日 大阪で研究会開かれる。 id=283
■1948年()6月30日 青年部研究会開講。講師に塩長五郎。 id=284
■1948年()7月8日 大阪で座談会。石川・伊福部も参加。 id=285
■1948年()7月10日 ~11 福山市でアナキズム講座開催される。石川が講演。 id=286
■1948年()7月11日 狛江生協第3回大会開かれる。 id=287
■1948年()7月15日 広島市で講演会。石川・伊福部ら講演する。主催・広島平民新聞社。 id=288
■1948年()7月24日 東京・立川市で講演会。岩佐が講演会。主催・三多摩自由人連盟。 id=289
■1948年()7月28日 三島製糸争議で連盟員・福田武寿検挙される。 id=290
■1948年()8月0日 佐賀で無政府農園、井原未九郎らによって開園。よって、佐賀アナ連解消し、福佐連盟に改組。 id=291
■1948年()8月1日 東京地協開催される。 id=292
■1948年()8月14日 平和記念小集会開催される。 id=293
■1948年()8月15日 八王子で講演会開かれ、岩佐・植村が講演。主催・三多摩自由人連盟。 id=294
■1948年()8月22日 平民新聞阪神愛読者会の集い開かれる。 id=295
■1948年()8月24日 八王子で講演会。岩佐・近藤らが講演。主催・東京地協。 id=296
■1948年()9月1日 岡林虎松死去。 id=297
■1948年()9月25日 青梅で講演会。岩佐・植村・綿引・若杉・杉本らが講演。主催・三多摩自由人連盟。 id=298
■1948年()10月0日 久留米支局開設される。 id=299
■1948年()10月0日 松尾ら「自由クラブ」を発足。 id=300
■1948年()10月0日 兵庫地協結成される。 id=301
■1948年()10月3日 東京地協開催される。 id=302
■1948年()10月10日 福佐連盟、北九州地協開催される。 id=303
■1948年()10月24日 東京地協家族の集い開催される。 id=304
■1948年()11月6日 ~07 全国委員会開催される。東京・中央労働会館。 id=305
■1948年()11月21日 吉祥寺で講演会開催される。岩佐・植村・綿引ら講演。主催・三多摩自由人連盟。 id=306
■1948年()11月30日 早稲田大学で無政府主義講演会開催される。石川・植村が講演。 id=307
■1948年()12月12日 東京地協(約40名)ビクター争議の報告。 id=308
■1948年()12月13日 佐賀地協・小山一彌、逮捕される。 id=309
■1948年()12月14日 研究会(横浜)吉田・岩佐16名。 id=310
■1949年()1月8日 三多摩自由人座談会(島津宅) id=311
■1949年()1月9日 研究会(横浜・行木宅) id=312
■1949年()1月16日 北九州協議会(福岡) id=313
■1949年()2月2日 松木千鶴(遠藤□夫人)死去 id=314
■1949年()2月15日 ~16 講演会(広島・琴谷青年連盟の主催)栗原唯一・青山大学が講演 id=315
■1949年()2月20日 関西地協(京都) id=316
■1949年()2月26日 東京地協青年部会 id=317
■1949年()3月6日 松戸で宣伝活動(東京・青年部) id=318
■1949年()3月9日 座談会(塩山・小島宅)石川・遠藤らが参加20名 id=319
■1949年()3月14日 座談会(山梨・東雲村)石川・他20名 id=320
■1949年()4月7日 宮城自由人連盟第7回協議会(矢本) id=321
■1949年()4月19日 青森・岩手・宮城・同志懇談会(仙台) id=322
■1949年()4月24日 後援会(松戸・生活擁護同盟の主催)副島・松本・布留川が講演 id=323
■1949年()5月7日 ~08 アナ連第4回全国大会(芝・労働学園) id=324
■1949年()5月17日 東京地協婦人部会(連盟事務所) id=325
■1949年()6月16日 九州地方協議会(福岡) id=326
■1949年()6月25日 東京・青年部総会 id=327
■1949年()6月26日 全国生活擁護団体連合会総会(東京・中央労働会館)顧問に岩佐 id=328
■1949年()7月1日 アナキズム講演会(福岡・川崎村)主催・貧乏防衛同盟・田形公民館 id=329
■1949年()7月3日 ~04 全日本労働組合連盟結成 id=330
■1949年()7月3日 組織問題研究会(東京・李宅) id=331
■1949年()7月5日 アナ連労働運動部会(日労関係者ら) id=332
■1949年()10月15日 ~16 アナ連全国委員会(岡山・貿易産業会館)平民新聞の廃刊が決定 id=333
■1949年()10月17日 演説会(岡山)石川・岩佐も講演 id=334
■1949年()10月18日 演説会(吉備町) id=335
■1949年()10月22日 演説会(広島)同夕(祇園町) id=336
■1949年()10月23日 演説会(可部町) id=337
■1949年()11月3日 北九州地協会議(福岡)久保が参加 id=338
■1949年()12月15日 エスペラントと世界平和講演会(京都・労働会館)山鹿が講演 id=339
■1950年()1月5日 関西地協会議(笠原宅)久保が参加 id=340
■1950年()1月25日 幸徳一派処刑40周年記念講演会(東京・文化学院行動)石川・岩佐・添田・布施らが講演 アナ連・平民新聞社が主催 id=341
■1950年()2月12日 人権尊重・生活権擁護演説会(松戸市自治会館)全生連他が主催 id=342
■1950年()2月18日 西日本地協代表者会議(広島) id=343
■1950年()4月2日 岡山地協定例会議 久保が参加 id=344
■1950年()5月20日 ~22 アナ連第5回全国大会(京都・智恩院) id=345
■1950年()6月29日 平和講座(東大)石川が講演 id=346
■1950年()7月1日 支局破壊真相発表演説会(鹿児島) id=347
■1950年()8月2日 学生総協結成される id=348
■1950年()8月6日 西日本地協有志が会合(岡山)東京地協の問題について談合 id=349
■1950年()8月10日 研究会(石川宅) id=350
■1950年()9月10日 近畿地協会議 解散のための臨時大会開催を決議 id=351
■1950年()9月18日 佐竹良雄死去 id=352
■1950年(昭25)10月1日 日本アナ連、東京地方協議会分裂。 id=353
■1950年()12月24日 日本アナキスト連盟東京地協解散 id=354
■1951年()1月27日 ~28 全日本アナキスト連盟第3回結成準備委員会(岡山) id=355
■1951年()2月20日 無政府主義演説会(佐賀・浜町) id=356
■1951年()4月9日 中国地方協議会(岡山・後楽園)副島が参加 id=357
■1951年(昭26)6月3日 アナキストクラブ結成 id=358
■1951年(昭26)6月3日 日本アナキストクラブ結成 id=359
■1951年()6月3日 日本アナキスト・クラブ結成(平岡宅) id=360
■1951年()6月9日 ~10 アナキスト連盟結成大会(東京・石川宅) id=361
■1951年(昭26)6月9日 アナキスト連盟結成 id=362
■1951年()7月1日 クラブ月例会(佐野宅)以後月1回アナキスト・クラブ月例会が開催される id=363
■1951年()10月14日 アナ連第1回代表者会議(石川宅) id=364
■1952年()4月3日 ~04 アナ連第2回大会(関西総局) id=365
■1952年()4月5日 松尾邦之助を送る会 id=366
■1952年()4月13日 水沼辰夫還暦の会(滝野川公民館)石川・岩佐・山崎今朝弥らも参加 id=367
■1952年()6月21日 近代学校復校の為の会合(石川宅) id=368
■1952年()10月18日 ~19 アナ連第2回全国代表者会議(東京)流会 id=369
■1952年()11月16日 アナ連阪神地方協議会結成(神戸・兵教組会館) id=370
■1953年()1月4日 アナキスト・クラブ新年会(目黒女屋宅) id=371
■1953年()2月2日 反戦平和年賀状展(姫路) id=372
■1953年()6月16日 大杉栄30周年記念集会(近藤宅) id=373
■1953年()9月13日 布施辰治死去 id=374
■1953年()10月11日 アナ連第3回大会(神戸)山口英が連盟の改組を提起 連盟の事務局編集局が関西地協に任せられる id=375
■1953年()11月14日 田戸正春・宮島資夫追悼会(上野・桜亭) id=376
■1953年()11月15日 新居格追悼会(杉並・新居宅) id=377
■1953年()12月2日 東京自由人の会結成 久保ら id=378
■1954年()1月24日 幸徳記念会(東京)クラブの主催 id=379
■1954年()4月10日 ~11 アナ連第4回大会(静岡・大瀬岬)組織論の問題が論議される W.R.I.に加盟を決定 id=380
■1954年()6月2日 上野克巳死去 id=381
■1954年()6月12日 今村力三郎死去 id=382
■1954年()7月29日 山崎今朝弥死去 id=383
■1954年()8月5日 山崎今朝弥追悼会(綿引宅)クラブ主催 id=384
■1954年(昭39)8月16日 メノン・クマール(WRIのインド人)歓迎会。南部労政会館。 id=385
■1954年()8月17日 アナ連東日本協議会 id=386
■1954年()9月9日 無政府主義演説会(岩手・花巻公会堂)岩佐が参加 クラブ主催 id=387
■1954年()9月16日 大杉栄の会(東京・モナミ) id=388
■1954年()10月21日 吉田兄次出版記念会(上野・桜亭) id=389
■1954年()10月23日 ~24 ビキニの灰街頭展(大阪・阪急天六駅頭) WRI・自由市民社 id=390
■1954年()10月26日 アナ連 戦争抵抗者インターナショナル(WRI)に正式加盟 id=391
■1955年()1月23日 幸徳記念の会(岩佐宅)クラブ主催 id=392
■1955年()2月6日 全国会議準備会(岩佐宅) id=393
■1955年()3月20日 全国会議準備会(岩佐宅) id=394
■1955年()4月15日 全国会議準備会(岩佐宅) id=395
■1955年()4月17日 ~18 全国アナキスト大会 第1日セメント労連会館 第2日民謡クラブ会館 アナ連・クラブ合同問題について懇談 id=396
■1955年(昭30)4月17日 ~4/18 全国アナキスト大会開く。 id=397
■1955年()5月3日 クラブ例会 会称をアナキスト・クラブから無政府主義運動に変更 id=398
■1955年()7月5日 軍事基地化反対演説会(立川市公会堂)主催・無政府主義運動 id=399
■1955年()7月10日 李享秀死去 id=400
■1955年()9月24日 ~25 アナ連第5回大会(近藤宅) id=401
■1955年()9月25日 岩佐老喜寿を祝う会(綿引宅) id=402
■1955年()10月23日 逸見直造33回忌記念集会(大阪・中之島公会堂) id=403
■1955年()10月25日 朝鮮九同志追悼会(小石川・涵徳亭) 自由人クラブ主催 id=404
■1955年()11月28日 添田唖蝉坊顕彰碑除幕式(浅草寺) id=405
■1956年()0月0日 アナーキズム研究会(月二回・福岡) id=406
■1956年()0月0日 無政府主義運動集会(毎月・東京-岩佐作太郎宅) id=407
■1956年()1月3日 無政府主義運動「青・壮」交歓新年会(東京) id=408
■1956年()1月14日 大逆事件四六周年墓前祭(高知・中村) id=409
■1956年()2月18日 大逆事件・幸徳秋水記念講演会(東京・神田) id=410
■1956年()4月26日 東大近代史懇で岩佐作太郎が講演(東京) id=411
■1956年()5月1日 メーデー参加 宣伝販売活動(東京、福岡) id=412
■1956年()10月6日 ~7 日本アナキスト連盟第6回全国大会が開催される(東京) id=413
■1956年()10月13日 砂川問題に対する声明(日本アナ連) id=414
■1956年(昭31)11月25日 石川三四郎死去(1876~) id=415
■1956年()11月28日 石川三四郎死去 id=416
■1956年()12月7日 石川三四郎を偲ぶ会(東京) id=417
■1957年()0月0日 アナキストクラブの例会(毎月・東京) id=418
■1957年()0月0日 研究会=運動史研究会(東京) id=419
■1957年()0月0日 日本アナ連の各地協の定例会合(東京、名古屋、大阪、福岡等)があった。 id=420
■1957年()2月24日 和田久太郎を偲ぶ会(東京) id=421
■1957年()3月18日 第10回解放運動犠牲者合葬(東京・石川宅) id=422
■1957年()6月0日 WRI日本支部、定期大会に白井新平をオブザーバーとして送る id=423
■1957年()6月24日 G・グラシア、山鹿泰治を囲む会(姫路) id=424
■1957年()6月24日 イオムの会-ヒロバ id=425
■1957年()8月0日 WRIによる反戦運動の展開 id=426
■1957年()8月12日 ~16 第三回原水禁大会に山鹿がWRI代表として参加 id=427
■1957年()10月19日 ~20 日本アナ連第7回全国大会(東京・近藤憲二宅) 平和運動に全勢力を投入する方針を確認 id=428
■1957年()11月23日 石川三四郎を偲ぶ一周年の会(東京) id=429
■1957年()12月1日 アナキストクラブ例会(東京) id=430
■1957年()12月8日 アナキズム運動史研究会第11回(東京) id=431
■1957年()12月21日 在米当時の無政府主義運動を聞く会(東京・岩佐作太郎宅) id=432
■1958年()1月13日 第2回在米当時の無政府主義運動を聞く会 id=433
■1958年()2月9日 崎本正を偲ぶ会(神戸) id=434
■1958年()2月16日 アナキズム運動史研究会第12回(東京) id=435
■1958年()3月1日 エニウェトク水爆実験阻止AA共同行動に参加(東京、福岡、京都、姫路) id=436
■1958年()3月16日 エスペラント初等講習会 ヒロバの会主催(神戸) id=437
■1958年()3月16日 研究会「現代社会主義の再検討」(神戸) id=438
■1958年()3月18日 解放運動犠牲者追悼合葬会(東京) id=439
■1958年()3月31日 原田理一を囲む会(東京・綿引宅) id=440
■1958年()4月20日 エスペラント初等講習会・研究会(神戸) id=441
■1958年()4月26日 クロポトキン研究会 ヒロバの会(神戸) id=442
■1958年()5月1日 日本アナ連各地協がメーデーに参加(東京、飯塚、神戸、岡山、名古屋) id=443
■1958年()5月25日 エスペラント初等講習会・研究会(神戸) id=444
■1958年()6月20日 ~ 広島-東京間平和行進、WRI日本支部の龍武一郎ら参加 id=445
■1958年()6月22日 エス語講習会・研究会(神戸) id=446
■1958年()7月0日 国際アナキスト大会へのメッセージ(日本アナ連) id=447
■1958年()8月0日 第4回原水爆禁止世界大会に代表参加 id=448
■1958年()8月0日 平和大行進、アナ連のWRI会員各地で参加 id=449
■1958年(昭33)8月9日 布留川桂死去(1895.5.24~) id=450
■1958年()8月9日 布留川桂死去 id=451
■1958年()8月10日 エス語講習会・研究会(神戸) id=452
■1958年()8月16日 全逓主催大正社会運動の会(東京・岩佐参加) id=453
■1958年()8月17日 アナ連東日本協議会開催(東京) id=454
■1958年()8月28日 原水禁大阪大会に参加、WRIビラを配布 id=455
■1958年()9月0日 茨城県百里原基地反対闘争に、龍武一郎現地常駐(~12/02) id=456
■1958年()9月0日 仏文研究会 東京地協の青年グループによって月例の研究会が開催される id=457
■1958年()9月6日 記録映画を観る会 ひろばの会・れいめい会共催(神戸) id=458
■1958年()11月2日 ~03 日本アナ連第8回全国大会(宝塚) id=459
■1958年()11月3日 警職法改悪等反動立法に対する反対決議(日本アナ連) id=460
■1958年()11月22日 警職法反対県民会議にアナ連岡山地協参加 id=461
■1958年()11月30日 石川三四郎三周忌(東京) id=462
■1958年()12月15日 黒色青年連盟を偲ぶ集い(神奈川・川崎) id=463
■1959年()1月0日 戦争と失業に反対する国民大行進にアナ連各地で参加 id=464
■1959年()1月11日 アナキストクラブ例会(東京) id=465
■1959年()1月20日 原田理一死去 id=466
■1959年()2月15日 安保破棄福岡市民大会にアナ連参加 id=467
■1959年()2月27日 日本平和大会に参加 id=468
■1959年()2月28日 副島氏を迎えて懇親会(東京) id=469
■1959年()3月21日 ~22 関西・名古屋地協合同会議 ○合同労組問題等 id=470
■1959年()4月7日 東京地協例会(東京・近藤憲二宅) id=471
■1959年()5月1日 各地協メーデーに参加(東京、名古屋、姫路、岡山等) アナ連ビラ「全労働者諸君によびかける」を配布 id=472
■1959年()5月25日 五十里幸太郎死去(大正末から昭和初期にかけて宮島資夫らと文芸思想運動で活躍) id=473
■1959年(昭34)7月1日 植村諦聞死去(1903~) id=474
■1959年()7月1日 植村諦死去(戦前・戦後を通じてアナキズム運動に尽力、詩人) id=475
■1959年()7月5日 坂本清馬氏大逆事件再審、アナ連協力 id=476
■1959年()7月19日 スペイン革命23周年記念の集まり(東京) id=477
■1959年()7月22日 斉藤秀一死去 id=478
■1959年()8月23日 スペイン革命記念集会(アナ連名古屋地協) id=479
■1959年(昭34)8月30日 青木てう死去、76歳/武良二の彼女、自連派。大正8年の軍隊赤化事件、上海でも。 id=480
■1959年()8月30日 青木てう死去(大正末~昭和初めにかけて運動に挺身した女性) id=481
■1959年(昭34)9月1日 大島英三郎、フレームアップで獄入り。詐欺、保険金詐取目的殺人未遂。 id=482
■1959年()9月10日 仏文研究会(東京) id=483
■1959年()9月16日 大杉栄らを語る会 アナ連主催(東京) id=484
■1959年()9月20日 青木てう女史を偲ぶ会(東京) id=485
■1959年()10月8日 仏文研究会(東京) id=486
■1959年()10月25日 物故した旧友を偲ぶ会(東京) id=487
■1959年()11月7日 ~08 日本アナ連第9回全国大会(東京) id=488
■1959年()11月8日 自由思想研究会発足(東京) id=489
■1959年()11月27日 安保11・27闘争についての声明(日本アナ連) id=490
■1960年()1月10日 関西地協例会(大阪・崎本宅) id=491
■1960年()1月10日 阪神労働者懇談会発足(神戸・高島宅) id=492
■1960年()1月14日 安保阻止抗議団結成大会に参加、ビラ配布(東京) id=493
■1960年()1月15日 東京地協例会(東京・近藤憲二宅) id=494
■1960年()1月16日 安保反対デモ・ビラまき id=495
■1960年()1月24日 大逆事件五〇周年記念講演会(東京) id=496
■1960年()2月8日 大逆事件の真相を聞く会(神戸) id=497
■1960年()2月9日 大逆事件記念講演会(大阪) id=498
■1960年()2月21日 東京地協例会(東京・近藤憲二宅) id=499
■1960年()2月24日 自由思想研究会世話人会(東京) id=500
■1960年()2月28日 第2回労働運動懇談会 id=501
■1960年()3月0日 仏文研究会、労働運動研究会となる(東京) id=502
■1960年()3月5日 倉地敬司死去(71才) id=503
■1960年()3月10日 東京地協労働運動協議会例会(東京) id=504
■1960年()3月18日 無名戦士墓前祭(東京・青山) id=505
■1960年()4月9日 労働運動研究会(東京) id=506
■1960年()4月15日 安保阻止国民会議中央団体代表者大会にアナ連代表大沢正道が参加 id=507
■1960年()5月1日 メーデー参加、ビラまき、クロハタ売り(東京、神戸等) id=508
■1960年()5月8日 『パンの獲得』出版記念の会(東京) id=509
■1960年()5月21日 大逆事件記念講演会(名古屋) id=510
■1960年()5月25日 安保阻止声明 P・B・Kの会(神戸) id=511
■1960年()5月29日 大杉栄研究会(東京) id=512
■1960年()6月4日 ~14 安保統一行動に参加(九州地協) id=513
■1960年()6月11日 ~16 安保闘争 アナ連のアッピール、デモ、ビラまき、座り込み id=514
■1960年()6月18日 安保阻止統一行動参加(岡山) id=515
■1960年()6月19日 ~28 平和行進参加(関西地協) id=516
■1960年()6月26日 大杉栄研究会(東京) id=517
■1960年()7月5日 桑原錬太郎死去(75才、印刷工労働運動にたずさわる) id=518
■1960年()7月19日 安保総括、平和運動につき討論(東京・遠藤宅) id=519
■1960年()7月31日 東京地協例会(東京・近藤憲二宅) id=520
■1960年()8月7日 ~8 日本アナ連第10回全国大会(東京) id=521
■1960年()9月16日 大杉栄記念研究会(東京) id=522
■1960年()10月9日 山鹿泰治・大道寺三郎歓送会(京都) id=523
■1960年()10月13日 第1回アナキズム研究会(東京) id=524
■1960年()10月16日 桑原錬太郎追悼会 日本アナキストクラブ主催(東京) id=525
■1960年()10月23日 山鹿泰治・大道寺三郎歓送会(東京) id=526
■1960年()10月28日 日本アナ連早大支部発足(東京) id=527
■1960年()10月30日 スペイン革命研究会(東京) id=528
■1960年()11月5日 WRI世界大会(インド)に向け、山鹿・大道寺の2名出発 id=529
■1960年()11月22日 第2回アナキズム研究会(東京) id=530
■1960年()12月1日 フランスの同志へのアッピール(日本アナ連) id=531
■1960年()12月6日 東京地協例会(東京) id=532
■1961年()1月9日 アナキズム研究会(東京) id=533
■1961年()1月18日 坂本清馬、森近栄子(運平の妹)ら東京高裁に大逆事件の最新請求を提出 id=534
■1961年()1月21日 十月会(十月革命の精神の理論的復活をめざす理論家集団)定例研 id=535
■1961年()1月21日 大逆事件記念講演会(東京) id=536
■1961年()2月28日 アナキズム研究会(東京) id=537
■1961年()3月4日 山鹿・大道寺の両名WRI世界大会より帰国 id=538
■1961年()3月18日 解放運動犠牲者として青木てう・倉地敬司・萩原錬次郎ら合葬される id=539
■1961年()3月28日 アナキズム研究会(東京) id=540
■1961年()4月29日 二日間にわたりアナ連臨時全国大会(東京) id=541
■1961年()6月22日 討論会「反戦運動の再出発」(東京・雑誌会館)主催・WRI id=542
■1961年()7月18日 ル・フェルローゼ(仏のアナキスト)夫妻を囲んで(東京) id=543
■1961年()9月14日 理論集団「黒と赤」の会、学生連盟員を中心に発足 第一回会合で秋山清が講演(東京) id=544
■1961年()9月23日 「黒と赤」の会(東京)芸術部会 id=545
■1961年()9月28日 「黒と赤」の会(東京)現代部会(以降各部会毎に月一回の会合) id=546
■1961年()11月0日 山口憲二ら「後方の会」を発足 大正炭鉱の支援をはじめる id=547
■1961年()11月3日 アナ連第11回全国大会(東京3日・4日) id=548
■1961年()11月13日 大正行動隊との交流会(東京・如水会館)主催・後方の会 id=549
■1961年()11月16日 久保譲(関西地協代表者)死去 id=550
■1961年(昭36)11月16日 久保譲死去 id=551
■1961年()11月19日 後方の会講演会(東京・国労会館)谷川雁・吉本隆明・埴谷雄高が講演 id=552
■1961年()11月24日 辻潤の会 id=553
■1961年()11月29日 小鴨鳴秋(詩人)死去 id=554
■1961年()12月3日 関西地協拡大例会 平山夫妻・大沢・遠藤・小川・各務・高木・副島夫妻らも参加し、初日に久保譲の告別式に出席 id=555
■1962年()0月0日 毎月一回、各地協ごとに定例会合 id=556
■1962年()0月0日 毎月一回、東京でアナキストクラブ例会 id=557
■1962年()1月9日 山静グループ懇談会(山梨・遠藤宅)田戸も出席 id=558
■1962年()1月26日 大逆事件記念集会(東京・学士会館) id=559
■1962年()3月18日 会報運動犠牲者として上野克己合葬 id=560
■1962年()3月23日 大島英三郎 最高裁で空気殺人未遂事件の有罪判決を受ける id=561
■1962年()6月23日 岸上克己(印刷工労働運動の先駆者)死去 id=562
■1962年()7月12日 張祥重(在日挑戦人アナキスト)死去 id=563
■1962年()8月4日 5日までアナ連第12回全国大会 id=564
■1962年()9月1日 2日まで関西地区会議兵庫・書写山) id=565
■1962年()9月15日 自立学校開校 id=566
■1962年()10月0日 現代アナキズムの会(略称・GAの会)発足 id=567
■1962年()10月5日 自立学校で秋山・綿引が講演 id=568
■1962年()11月24日 辻潤をしのぶ会 id=569
■1962年()11月25日 京大で大沢が講演 id=570
■1962年()12月7日 石川三四郎を偲ぶ会(東京・雑誌会館) id=571
■1962年(昭37)12月24日 東京都美術館がダダイストなどの「不快な作品」出品を禁止 id=572
■1962年(昭37)12月31日 副島辰巳死去、56歳。青山墓地の「無名戦士の墓」に合葬。 id=573
■1962年()12月31日 副島辰己(北九州??責任者)死去 id=574
■1963年()4月20日 2日間にわたりアナ連西日本連合協議会(神戸)久保・副島の追悼式も行なわれる id=575
■1963年()5月8日 労働運動史研究会(東京・明大)で大杉に関する発表 id=576
■1963年()5月21日 アナキズム研究会館第1回ひろかれる。多田道太郎・鶴見俊輔・安田武・木原実・尾崎秀樹・正木重之・秋山・大沢らがメンバーとなり、どのうような団体にも属さないものとして出発 id=577
■1963年()6月10日 大逆事件再審問題 衆院法務委で取り上げる id=578
■1963年()7月29日 東京地協例会 id=579
■1963年(昭38)8月20日 「個」創刊(松尾邦之助)。個の会、リユニークの会。同書の奥付による id=580
■1963年()8月23日 吉田只次(明治以来の横浜在住の社会主義者)死去 id=581
■1963年(昭38)8月23日 吉田只次死去、87歳、「貧乏人根絶論」。「無政府主義者運動」第46号 id=582
■1963年()8月25日 GAの会例会 id=583
■1963年()9月0日 大沢、学習院大で「バクーニン」講述 id=584
■1963年()9月1日 関東大震災40周年記念集会(東京) id=585
■1963年()9月13日 大逆事件再審理の検討はじまる。 id=586
■1963年()9月14日 大逆事件再審問題報告会(東京・雑誌会館) id=587
■1963年()9月15日 アナキスト・クラブ9月例会(東京・南部労政) id=588
■1963年()9月18日 大杉栄記念講演会(東京、全電通)井出・森長・坂本・埴谷・秋山が講演 主催・アナ連 id=589
■1963年()9月22日 GAの会例会 id=590
■1963年()10月13日 GAの会例会 id=591
■1963年()10月30日 アナキズム研究会第1会 大沢 id=592
■1963年()10月30日 川合仁(戦前からの文化運動家)死去 id=593
■1963年()11月9日 2日間にわたりアナ連13会総会(兵庫・宝塚) id=594
■1963年()11月17日 スペイン革命研究会はじまる(東京) id=595
■1963年()11月20日 「選挙とアナキズム」について語る会(東京・全電通) id=596
■1963年()11月20日 東京地協例会 id=597
■1963年()11月28日 スペイン革命研究会第2回(東京) id=598
■1963年()12月6日 「選挙とアナキズム」について語る会第2回(東京) id=599
■1963年()12月13日 動労尾久機関区闘争(直接行動者委員会) id=600
■1963年()12月23日 東京地協例会 id=601
■1963年()0月0日 大杉栄記念講演会以後 id=602
■1963年()0月0日 毎月一回、各地協ごとに定例の会合 id=603
■1963年()0月0日 毎月一回、東京でアナキストクラブ例会 id=604
■1964年()0月0日 毎月、第二第四土曜日、ネオロマンティシズム研究会 id=605
■1964年()0月0日 毎月一回、各地協ごとに定例の会合 id=606
■1964年()0月0日 毎月一回、東京でアナキストクラブ例会 id=607
■1964年()0月0日 毎週月曜日、行動の会 id=608
■1964年()1月19日 GAの会例会 id=609
■1964年()1月24日 小川正夫(名古屋地協責任者)死去 id=610
■1964年()1月24日 昭39/小川正夫死去(1895~)「性とアナキズム」の著者 id=611
■1964年()1月27日 行動の会第1回会合 id=612
■1964年()1月28日 大逆事件記念集会(東京) id=613
■1964年()1月29日 望月とし子(辰太郎婦人、旧「小作人社」同人)死去 id=614
■1964年()2月1日 斉藤俊詩集「夢に見た明日」出版記念会(東京・出版クラブ) id=615
■1964年(昭39)2月4日 松本親敏死去57歳、昔の黒色青年連盟員。解放戦線社。 id=616
■1964年()2月4日 松本親敏(旧「黒青連盟」員)死去 id=617
■1964年()2月5日 奥山伸(戦前より社会運動に医師として協力)死去 id=618
■1964年()2月10日 村松正俊詩集「見失われた日本」出版記念会主催・個の会 他 id=619
■1964年()2月12日 行動の会第2回会合「天皇制について」 id=620
■1964年()2月13日 スペイン革命研第5回 講師・松尾 id=621
■1964年()2月16日 行動の会 皇居前をデモ id=622
■1964年()2月22日 名古屋地協例会 id=623
■1964年()2月23日 GAの会例会 id=624
■1964年()2月24日 東京地協例会 id=625
■1964年()2月27日 田代儀三郎(旧「農村青年社」メンバー)死去 id=626
■1964年()3月7日 名古屋地協例会 id=627
■1964年()3月15日 GAの会例会 id=628
■1964年()3月17日 ネオ・ロマンティシズム研 発足 id=629
■1964年()3月18日 会報運動犠牲者として吉田・張が合葬 id=630
■1964年()3月21日 名古屋地協例会 id=631
■1964年()3月30日 アナ研(東京) id=632
■1964年()4月15日 百瀬晋(平民社以来の社会主義者)死去 id=633
■1964年()4月21日 アナ研(東京) id=634
■1964年()4月23日 東京地協例会 id=635
■1964年()5月7日 GAの会 大沢・秋山を迎えて id=636
■1964年()5月17日 GAの会例会 id=637
■1964年(昭39)5月28日 矢橋大吉死去、60歳(出版) id=638
■1964年()5月28日 矢橋丈吉(組合書店を経営)死去 id=639
■1964年()5月29日 国際平和行進協力委がWRI日本部、日本友和会等によって発足 id=640
■1964年()6月4日 アナ研(東京) id=641
■1964年()6月7日 GAの会例会 id=642
■1964年()6月9日 メノン、クマール来日 id=643
■1964年(昭39)6月9日 WRIのインド代表メノン、クマール両氏来日。 id=644
■1964年()6月16日 国際平和行進 東京・芝を出発 竜武一郎(連盟員)も行進団に参加。同夕、アナキストクラブ事務所の綿引宅に投宿。以降、名古屋・関西・広島・九州などの各地協・グループが受入れに協力。笹本・向井が東西両センターの連絡を統轄。向井はこの間、隔日程度の間隔でニュースを発行し、メノン、クマール両名の離日迄に30号を出す。 id=645
■1964年()7月19日 矢橋丈吉を偲ぶ会(東京) id=646
■1964年()7月30日 丹沢明(青柳優)墓参会 id=647
■1964年()8月16日 メノン、クマール歓迎会(東京南部労政)主催・クラブ id=648
■1964年()8月25日 メノン、クマール離日 id=649
■1964年()9月15日 アナ研(東京) id=650
■1964年()9月26日 岩佐翁の長寿を祝する会(東京・綿引宅) id=651
■1964年()9月29日 後閑林平死去 id=652
■1964年()10月11日 GAの会例会 id=653
■1964年(昭39)10月15日 南助松死去、97歳。足尾銅山大暴動のリーダー。 id=654
■1964年()10月15日 南助松(足尾暴動の主導者)死去 id=655
■1964年()10月17日 アナ研(東京)11回 id=656
■1964年()10月28日 シンポジウム「現代アナキズム論」(東京・渋谷労政)主催・アナ連 id=657
■1964年()11月1日 2日間にわたりアナ連第14回全国大会(静岡・遠照寺YH) id=658
■1964年()11月7日 無政府共産党結成される(東京)松田政男ら id=659
■1964年()11月15日 平和問題講演会(東京)主催・WRI id=660
■1964年()11月17日 アナ研(東京) id=661
■1964年()11月22日 GAの会例会 id=662
■1964年()12月9日 アナ研(東京) id=663
■1965年(昭40)4月13日 佐々木欽一死去、印刷工連合会。 id=664
■1965年(昭40.)7月31日 ~8/6 世界エスペラント大会(東京)で向井孝、大道寺三郎がWRI部会。 id=665
■1965年(昭40)8月25日 水沼辰夫死去(1892~) id=666
■1965年(昭40)11月11日 アンモニア瓶闘争(東京行動戦線) id=667
■1965年(昭40)12月4日 長沢彌六死去、?歳。「古い異色のアナキスト」とある。 id=668
■1966年(昭41)2月3日 望月辰太郎死去、?歳。昔の「小作人社」。 id=669
■1966年(昭41)5月29日 大道寺三郎死去(1901~) id=670
■1966年(昭41)6月20日 スペイン革命30周年記念大集会(全電通会館) id=671
■1966年(昭41)8月3日 春日実死去、?歳(アナキストクラブ)。もと、横浜印刷工組合員。 id=672
■1966年(昭41)9月17日 吉田一(いわゆる「吉田のピン公」)死去、74歳。死亡の場所に異同あり。アナボル共同戦線の主唱者。「無政府主義運動」第53号では自宅、「リベルテール」1979.9.15では相模原「水車園」(飲み屋)。 id=673
■1966年(昭41)10月19日 日特金攻撃(ベトナム反戦直接行動委員会) id=674
■1966年(昭41)11月9日 田中勇之進死去、?歳、昔のギロチン社社員。 id=675
■1966年(昭41)11月15日 豊和工業攻撃(ベトナム反戦直接行動委員会) id=676
■1967年(昭42)2月12日 岩佐作太郎死去(1879~)。青山の無名戦士の墓に合葬。5月28日に死去した岩佐七重(娘)とともに。 id=677
■1967年(昭42)2月15日 「アナキズム思想史」刊行(大沢正道)現代思潮社 id=678
■1967年(昭42)4月30日 アナキストのメーデー集会(渋谷労政会館)→翌日、中央会場へ→翌5月1日、黒層社、日本アナキストクラブ等が中央会場で宣伝行動。 id=679
■1967年(昭42)11月11日 エスペランチスト由比忠之進、ベトナム戦争に反対し焼身自殺。エスペランチスト由比忠之進、ベトナム侵略に肩入れする佐藤首相官邸前で抗議の焼身自殺。 id=680
■1967年(昭42)12月1日 「クロハタ」グループの松江カク、由比忠之進追悼自決(未遂)。場所は新宿駅西口広場、松江カクは琵琶と祭文語りの人 id=681
■1968年(昭43)1月10日 伊福部隆彦死去、69歳。*宗教的アナキスト、老子・道元研究者。人生道場主宰、東京タイムス紙「きょうの言葉」執筆者。 id=682
■1968年(昭43)5月1日 東京のメーデー中央会場へ背叛社(黒色学生連盟、黒色青年連盟)が突入。民青と激突。同時に日本アナキストクラブも宣伝行動。 id=683
■1968年(昭43)9月26日 青木真子(大杉魔子)死去、51歳。 id=684
■1968年(昭43)10月6日 背叛社事件で11名(のち+2名)検挙。科学実験中の爆発事故。日本アナキストクラブが救援呼びかけ。 id=685
■1968年(昭43)10月7日 伊串英治死去(1899~)。愛知県社会運動者合同追悼会に合葬。 id=686
■1968年(昭43)10月7日 野中俊治死去、68歳(日本アナキストクラブ)。 id=687
■1968年(昭43)11月23日 ~24。 日本アナキスト連盟、発展的解散を決議。 id=688
■1968年(昭43)11月24日 日本アナキスト連盟(第2次)解散。機関紙「自由連合」 147号紙上で解散声明。 id=689
■1969年(昭44)1月2日 皇居(一般参賀)で大島英三郎、川本嘉昭が発煙筒をたき「大衆に訴う」(ビラ)をまく。建造物進入、火薬取締法で逮捕(3月10日初公判)。 id=690
■1969年(昭44)1月16日 杉本平二死去、62歳。青山墓地の「無名戦士の墓」に合葬。 id=691
■1969年(昭44)2月12日 背叛社事件公判はじまる。爆取と火薬取締法違反。和田俊一、信太裕、中西秀樹、長谷川準一。 id=693
■1969年(昭44)2月17日 ㈲麦社設立。資本金50万円、一人千円の出資で社員。発起人/秋山清、大沢正道、塩長五郎、篠原泰正、杉藤二郎、高橋光吉、萩原晋太郎、三浦精一、横倉辰次。 id=694
■1969年(昭44)2月17日 岩佐文枝死去、75歳(岩佐作太郎夫人)。 id=695
■1969年(昭44)2月23日 姫路で自由連合社設立。3月1日に「自由連合」誌発刊のため。 id=696
■1969年(昭44)4月1日 日本アナキストクラブが「アナキストクラブニュース」創刊。機関紙の発行が遅れがちなため。 id=697
■1969年(昭44)5月17日 新宿西口広場フォーク集会に機動隊導入。 id=698
■1969年(昭44)6月9日 万博破壊共闘全国キャラバン出発。前日、池袋アートシアターで総決起集会。ゼロ次元、ビタミンアート、「告陰」他。告陰←現在「なんでもハウス」(三鷹)の兵藤圭子ほか。 id=699
■1969年(昭44)8月6日 近藤憲二死去(1895~) id=700
■1969年(昭44)9月22日 “万博粉砕”東京反博開催(山手ホール)。ゼロ次元他。 id=701
■1970年(昭45)0月0日 日本アナキズム研究センター設立 id=702
■1970年(昭45)4月22日 菊岡久利死去(1909~)。詩人。 id=703
■1970年(昭45)4月28日 明治公園の沖縄デー集会に末永蒼生ら「PEAK」メンバーがRO/CKでコミュニケート。 id=704
■1970年(昭45)5月18日 背叛社事件最終公判。被告の一人、信太裕が公判廷で「わたしたちはまず日本国家に宣戦を布告する」と題して意見朗読。 id=705
■1970年(昭45)7月27日 愛知県美術館にグループNAGがゴミを作品として展示。29日、ロ/ックアウト。(11/24、美術館を名古屋ゴミ姦団が告訴) id=706
■1970年(昭45)9月6日 鈴木靖之没 id=707
■1970年(昭45)10月10日 「土着文明」創刊。発行:東京土着文明研究会 発行:東京土着文明研究会(叛帝国主義自由連合の前身)。連絡先は姫路の自連社気付 id=708
■1970年(昭45)11月29日 伝習館闘争デモの森山安英、プラカードの絵で公然猥褻で逮捕。柳川市での伝習館闘争デモに参加の集団「蜘蛛」の森山安英、プラカードの絵により公然猥褻図画陳列罪で逮捕。(森山裁判開始)。 id=709
■1970年(昭45)12月6日 山鹿泰治死去(1871~) id=710
■1971年(昭46)4月12日 小松亀代吉死去(野蛮人社) id=711
■1971年(昭46)6月23日 ハレンチ学園全共闘、アンポ闘争に登場。7月15日全国キャラバン開始(清水谷公園出発)。 id=712
■1971年(昭46)8月6日 広島の原爆式典で、アナキスト(女性)が佐藤首相に抱きついて、抗議、逮捕。近くで京都自由連合も抗議行動。 id=713
■1971年(昭46)8月7日 ~08岩国、錦帯橋下の河原でアナキストと反戦米兵が「岩国人民まつり」 id=714
■1971年(昭46)8月7日 岩国の米軍基地前で深夜、アナキストがパフォーマンス。マリファナ解放戦線ほか、踊って歌って大騒ぎ id=715
■1971年(昭46)11月25日 SAG統一戦線結成 id=716
■1972年(昭47)5月2日 東大法学部に爆弾。 id=717
■1972年(昭47)5月7日 姫路の浜田光(男)が吉祥寺に移り「名まえのないしんぶん」創刊。姫路・自由連合社の浜田。'70年代前半のカウンターカルチャー運動の草分け・火付け役となる。(→100号で廃刊。)日付けは同紙創刊準備号より id=718
■1972年(昭47)7月1日 ~7/2 山形で「サバイバル'72」フリーゼミ(中央公民館)。主催:「ニューヴァーヴ」誌。山形市のA運動者、菅原秀による。 id=719
■1972年(昭47)7月12日 SCREW創刊、と、ほぼ同時に発禁。 id=720
■1972年(昭47)7月23日 井の頭 Be In (井の頭公園)。主催:連合地球防衛軍 協力:マリファナ解放戦線、PEAK、わが家、ハレンチ学園全狂頭、革命的万引者同盟、明星フォーク村ほか。 id=721
■1972年(昭47)7月30日 横浜で情報紙「黒旗日曜版」創刊。Aの全国的情報網を志向。12.10叛選挙全国同時行動に参加。 id=722
■1972年(昭47)8月14日 後楽園ホールで万歳党がミュージカルオペラ「やまとたける」上演。 id=723
■1972年(昭47)10月7日 ~10/10 吉祥寺・なまえのないしんぶんが「Be In 武蔵野」。 id=724
■1972年(昭47)10月27日 東京・神社本庁に爆弾 id=725
■1972年(昭47)11月18日 ~19 Be In 名古屋。 id=726
■1972年(昭47)11月28日 ~30 東京・文化学院でフリーゼミ「美しき破壊者よ、毒を撒け!」(協力)江川允通、南正人、「黒旗」、黒と赤運動。黒と赤運動は「やぶれかぶれ新聞」の赤塚俊夫と大論争に発展。 id=727
■1972年(昭47)12月10日 全国で叛選挙同時行動。東京、横浜で反選挙マラソン大会etc、日大文理で反選挙コンサート。 id=728
■1973年(昭48)3月4日 浦和で「Be In 別所沼」。そのうちやめる新聞主催(廃刊記念)。 id=729
■1973年(昭48)4月2日 名古屋レインボー党結成、岩田信一が市長選に立候補。(1)革命市長選団に大友英男らの「蘇生」(叛選挙全国同時蜂起東京実行委)グループ、吉祥寺なまえのないしんぶん、背叛社、ゼロ次元儀式集団、秋山祐徳太子他、大勢参集。「名古屋を救う七つの公約」1,生産都市から快楽都市へ 2,文化施設・福祉施設不要 3,公共交通の無料化 4,交通規制をへらし人間性回復 5,人権無視都市条例全廃 6,名古屋城無料宿泊所 7,都市ぐるみの無公害食品 id=730
■1974年(昭49)8月14日 虹作戦失敗(東アジア反日武装戦線) id=731
■1974年(昭49)8月30日 三菱重工ビルに爆弾(東アジア反日武装戦線) id=732
■1974年(昭49)10月14日 三井物産(館)に爆弾(東アジア反日武装戦線) id=733
■1974年(昭49)10月31日 江川允通「強盗未遂」のフレームアップで獄入り。 id=734
■1974年(昭49)11月25日 帝人中央研究所に爆弾(東アジア反日武装戦線) id=735
■1974年(昭49)12月10日 大成建設本社ビルに爆弾(東アジア反日武装戦線) id=736
■1974年(昭49)12月23日 鹿島建設の工場に爆弾(東アジア反日武装戦線) id=737
■1975年(昭50)2月22日 ~23 原水爆実験抗議船「フリイ号」清水港へ。連帯行動実行委メンバーが出迎え、交流。 id=738
■1975年(昭50)2月28日 間組大宮工場に爆弾(東アジア反日武装戦線) id=739
■1975年(昭50)2月28日 間組本社ビルに爆弾(東アジア反日武装戦線) id=740
■1975年(昭50)4月19日 韓国産業経済研究所に爆弾(東アジア反日武装戦線) id=741
■1975年(昭50)4月19日 尼崎オリエンタルに爆弾(東アジア反日武装戦線) id=742
■1975年(昭50)4月28日 間組京成江戸川作業所に爆弾(東アジア反日武装戦線) id=743
■1975年(昭50)5月4日 間組京成江戸川鉄橋工事現場に爆弾(東アジア反日武装戦線) id=744
■1975年(昭50)5月19日 東アジア反日武装戦線検挙、斉藤和自殺。 id=745
■1975年(昭50)6月21日 長野朗没。「自治論」(長野朗著) id=746
■1975年(昭50)7月6日 ~08 宇宙家族の祭典(前橋市の敷島公園) id=747
■1975年(昭50)7月19日 斎藤和友人葬(九段の日本山妙法寺)。 id=748
■1975年(昭50)7月27日 熊本で「遺言」創刊。発行:黒痴社。『日本皇帝睦仁君に与ふ』を掲載、定価壱銭五厘 id=749
■1975年(昭50)9月13日 ~16 東京で全国無政府主義者連帯会議開催 id=750
■1975年(昭50)9月13日 日本黒色連盟結成。 id=751
■1975年(昭50)9月14日 ~27 宇宙平和大集会(北海道・屈斜路湖)。事務局:国分寺のAUMファウンデーション。 id=752
■1975年(昭50)9月15日 橘宗一少年の墓前祭(名古屋日泰寺) id=753
■1975年(昭50)12月3日 綿引邦農夫死去(1895~)。自連派の中心的存在、戦後はアナキストクラブ。 id=754
■1976年(昭51)3月2日 北海道庁に爆弾 id=755
■1976年(昭51)4月26日 東京・西荻に西荻フリースクール(ほびっと村学校の前身)開校。 id=756
■1976年(昭42)7月5日 最高裁が大逆事件再審請求を棄却 id=757
■1976年(昭51)9月16日 大杉栄の墓碑が静岡市沓谷霊園にようやく建立される。沓谷霊園は墓の隣。 id=758
■1976年(昭51)11月10日 「11.10天皇制を考える集会」に関東地方アナキストが結集。中央労政会館。主催:実行委 事務局:松原の一軒屋 id=759
■1976年(昭51)12月7日 諏訪之瀬島チャリティーフェスティバル“冬至祭”。主催:ほら貝(立川社会教育会館)。 id=760
■1977年(昭52)8月29日 京都妙心寺で第1回山上伊太郎忌(大正昭和のアナキスト映画監督)。山上伊太郎(大正~昭和初期に一世風靡したアナキストの映画監督。 id=761
■1977年(昭52)9月21日 アナキストによる第1回「三里塚を闘う共同集会」。渋谷勤労福祉会館。地域労働運動研究会、リベルテールの会、黒連 id=762
■1977年(昭52)10月1日 日本赤軍日高部隊がダッカ闘争で大道寺あや子、浴田由紀子他奪還。 id=763
■1977年(昭52)11月23日 スペインCNTよりH・ガリーガとE・バーヨ来日、交流映画会。ハビエル・ガリーガとエリセオ・バーヨを迎え、千駄ヶ谷区民会館で交流映画会。司会:星野弥生。 id=764
■1978年(昭53)3月13日 ロシア革命60周年・クロンシュタット講演会。全電通ホール id=765
■1978年(昭53)6月12日 石川三四郎研究会結成(第1回読書会の日)。住民ひろば id=766
■1978年(昭53)7月5日 2本足の集い(「アメリカインディアンの日」と連帯)。小金井公会堂 id=767
■1978年(昭53)8月16日 たんぽぽ図書館開館 →'84.9.20閉館 id=768
■1978年(昭53)12月13日 冬至まつり(吉祥寺「なまえのないしんぶん」他)。立川市民会館 id=769
■1979年(昭54)3月18日 添田知道死去(唖蝉坊の息子)。 id=770
■1979年(昭54)7月8日 内山愚童を偲ぶ会。後楽園ゆうとく亭 id=771
■1979年(昭54)11月8日 ~11/17 「熱中爆裂時代」(発見の会公演)。林泉寺 id=772
■1979年(昭54)12月15日 「自治論」(長野朗著)刊行。日土人村(ひとびとむら)建設研究院 id=773
■1980年(昭55)2月26日 山根二郎弁護士懲戒処分問題で竹中労らが日弁連会長に公開質問状。 id=774
■1980年(昭55)4月29日 ランザ・デルヴァスト来日 id=775
■1980年(昭55)5月17日 山根二郎弁護士懲戒処分に抗議する逆シンポ「司法を裁く」。東条会館。山根処分千人委員会連絡センター(竹中労他) id=776
■1980年(昭55)5月17日 日弁連・山根弁護士懲戒事件「逆シンポジウム」(~百人委)。東条会館 id=777
■1980年(昭55)8月25日 AIT(労働者国際組合連合)に連帯する会日本連絡センターできる。 id=778
■1980年(昭55)11月14日 AIT書記来日報告集会(高円寺会館) id=779
■1981年(昭56)4月24日 第1回自由人講座「非暴力の道」。講師 西尾昇。大向区民会館 id=780
■1981年(昭56)7月4日 対抗文化研究会ひらく(吉葉)。高円寺ルチファー社にて id=781
■1981年(昭56)9月15日 神戸で「もうひとつのポートピア」。主催:神戸エンカウンタースクール/ id=782
■1982年(昭57)7月11日 現代史シンポジウム「アナボル論争」(初回)/笹塚区民会館 id=783
■1982年(昭57)9月14日 ノー・パサラン「1936・奴らを通すな」“スペインの短い夏”上映会。講演:今村五月、出演:天本英世、コント物産。場所:ユーロスペース021。主催:実行委、事務局:リベーロ id=784
■1982年(昭57)10月31日 望月百合子さんを囲む集い。個の会の大竹宅 id=785
■1982年(昭57)11月21日 山谷越冬闘争映画の上映会(底辺共闘とリベーロの共催)。新宿勤労青少年の家 id=786
■1983年(昭58)3月29日 大森勝久にフレームアップで死刑判決(北海道庁爆破事件) id=787
■1983年(昭58)9月4日 岩佐作太郎遺稿集出版記念会。新宿勤労福祉会館 id=788
■1983年(昭58)9月11日 九月連続集会“大地の慟哭”PART I(牛込公会堂)。関東大震災下における朝鮮人、大杉栄・伊藤野枝・橘宗一虐殺60年。スライド「関東大震災」、立体構成「大杉栄とアナルコサンディカリズム」、映画「スペインの短い夏」。主催:~連絡会 id=789
■1983年(昭58)9月15日 「大杉・伊藤を偲ぶ夕」(実行委)。連絡先:黒色戦線社。代々木区民会館 id=790
■1983年(昭58)9月18日 九月連続集会“大地の慟哭”PART Ⅱ(牛込公会堂)。関東大震災下における朝鮮人、大杉栄・伊藤野枝・橘宗一虐殺60年。スライド「現代の社会防衛思想」「防災」、映画「エロス+虐殺」。コント「家族、私有財産および国家の不機嫌」。主催:~連絡会 id=791
■1983年(昭58)10月4日 向井孝詩集「ビラについて」刊行 id=792
■1983年(昭58)10月23日 反日アンデパンダン(和光大学にて) id=793
■1984年(昭59)10月31日 神戸エンカウンタースクール閉校/神戸共同文庫と共に関西Aの拠点だった。 id=794
■1984年(昭59)11月4日 自由民権運動を反爆取から撃つ爆裂弾伝説11.4集会。千駄ヶ谷区民会館。主催:BQ 向井孝、秋山清、池田浩士ほか。 id=795
■1985年(昭60)1月1日 天皇裕仁の写真、全国で初詣の人々に踏みにじられる。戦争抵抗者インターナショナル日本部 id=796
■1985年(昭60)5月19日 パレスチナより浴田由紀子、佐々木則夫、大道寺あや子がアピール。 id=797
■1985年(昭60)5月19日 東アジア反日武装戦線10年目の光と影5・19集会(高円寺会館) id=798
■1986年(昭61)6月19日 スペイン革命50周年講演会(自治労会館)。事務局:自由思想社(笹本)。秋山清、村田栄一、萩原晋太郎ほか id=799
■1986年(昭61)7月5日 反日・吉祥寺作戦。人生の並木道社、風狂舎。 id=800
■1986年(昭61)9月14日 大阪で反日ヤジ馬大博乱会(中之島中央公会堂)。主催:実行委、事務局:虹の会 id=801
■1987年(昭62)3月24日 東アジア反日武装戦線2戦士に最高裁が死刑判決。戦後はじめて政治犯の死刑確定→4.27。 id=802
■1987年(昭62)5月21日 笹本雅敬没 id=803
■1987年(昭62)6月28日 小島康彦死去、78歳、昔の黒色青年連盟員、戦後アナ連。 id=804
■1987年(昭62)7月5日 安田理貴死去、78歳、戦前の女アナキスト、戦後ヤクザ界の女親分。戦前の女アナキスト、戦後ヤクザ界で畏敬された一匹狼の女親分。非行児宿泊施設運営の福祉事業にて表彰。(昔の「婦人戦線」誌グループメンバー)/。 id=805
■1981年()5月20日 第2回自由人講座「祭りと労働-イワン・イリッチを読む」。講師 山崎カヲル。渋谷、山手教会 id=806
■1981年()6月0日 第3回自由人講座「男と女の開かれた関係」。講師 秋山清。 id=807
■1981年()7月24日 第4回自由人講座「陽明学左派・李卓吾とW・ライヒ」。講師 大塩卓吾。千駄ヶ谷区民会館 id=808
■1981年()8月28日 第5回自由人講座「何故 東京に原発をか?」。講師 広瀬隆。大向区民会館 id=809
■1981年()9月5日 ~6日、第6回自由人講座「高神村一揆と直接行動」。講師 佐久間耕治。 id=810
■1981年()10月18日 第7回自由人講座「反原発敦賀からの報告」。講師 中川高志。渋谷住民ひろば id=811
■1981年()11月19日 第8回自由人講座「自立をめざして-電気料金不払いの実践の中から」。講師 大貫叔子。渋谷大向区民会館 id=812
■1981年()12月11日 第9回自由人講座「語られなかった戦争」をめぐって-映画「侵略」上映会+林歳徳×リベーロ編集部対談×?。千駄ヶ谷区民会館 id=813
■1982年()4月27日 第10回自由人講座「どぶろく学級」 講師 前田俊彦。千駄ヶ谷区民会館 id=814
■1982年()5月29日 ~30日。第11回自由人講座「非暴力トレーニング」 講師 阿木幸男。29日 渋谷住民ひろば、30日 渋谷大向区民会館 id=815
■1982年()6月26日 第12回自由人講座「戸籍のひみつ」 講師 佐藤文明。千駄ヶ谷区民会館 id=816